平均的なペニスサイズとは

自らのペニスサイズにコンプレックスや劣等感を抱いている男性は多いとされています。
しかし実際のところ、悩みを抱えている男性の多くは平均的なペニスサイズだと言われています。
普段他の男性とサイズを比べる、などという機会はあまりありませんし、勝手な思い込みで自分のペニスは小さいのだと
感じてしまうようです。
ただ、事実として日本人のペニスサイズは世界的に見ると平均して小さ目だと言われています。
主に体格差が原因のようですが、元々生まれた瞬間の日本人のペニスサイズは4センチ程度のようです。
そこから第二次性徴期を迎え、ペニスも成長していき、20歳前後で大体のペニスサイズは決まってしまいます。
もし20歳を過ぎてからペニスサイズ増大を図りたいのであれば、食生活の見直しやトレーニングが必要になってきます。
平均的に、成人男性の通常時のペニスサイズは8~10センチ前後です。
これが勃起すると大体12~18センチにまでなります。個人差があるので難しいところではありますが、
ペニス増大を目指す男性の多くはこの18センチというサイズをひとつの指標としていることが多いようですね。
18センチというのはどうやら女性が求めるサイズよりも小さいようですが、しかしペニスは大きければ優れているというわけでは
ありません。
ペニスサイズを気にする女性の方が少ないですし、自身が思うほどペニスサイズを気にする必要がないのが事実です。