カテゴリー別アーカイブ: 未分類

平均的なペニスサイズとは

自らのペニスサイズにコンプレックスや劣等感を抱いている男性は多いとされています。
しかし実際のところ、悩みを抱えている男性の多くは平均的なペニスサイズだと言われています。
普段他の男性とサイズを比べる、などという機会はあまりありませんし、勝手な思い込みで自分のペニスは小さいのだと
感じてしまうようです。
ただ、事実として日本人のペニスサイズは世界的に見ると平均して小さ目だと言われています。
主に体格差が原因のようですが、元々生まれた瞬間の日本人のペニスサイズは4センチ程度のようです。
そこから第二次性徴期を迎え、ペニスも成長していき、20歳前後で大体のペニスサイズは決まってしまいます。
もし20歳を過ぎてからペニスサイズ増大を図りたいのであれば、食生活の見直しやトレーニングが必要になってきます。
平均的に、成人男性の通常時のペニスサイズは8~10センチ前後です。
これが勃起すると大体12~18センチにまでなります。個人差があるので難しいところではありますが、
ペニス増大を目指す男性の多くはこの18センチというサイズをひとつの指標としていることが多いようですね。
18センチというのはどうやら女性が求めるサイズよりも小さいようですが、しかしペニスは大きければ優れているというわけでは
ありません。
ペニスサイズを気にする女性の方が少ないですし、自身が思うほどペニスサイズを気にする必要がないのが事実です。

脂肪吸引式長茎法とは

ペニス増大手術を受けても、身体に余計な贅肉がつきすぎているとあまり変化が見られないこともあります。
そのため、お腹に贅肉が多くついている人の場合は、まずペニスの付け根付近にある贅肉を取り除いて、そこに隠れていた
ペニスを引き出すことが最優先となります。
この手術法を、脂肪吸引式長茎法といいます。
一見難しそうな手術のように聞こえてしまいますが、実際の術式は非常にシンプルで安全です。
手術の時間も30分~一時間程度しかかかりませんし、ほとんどの場合局所麻酔で済むので体への負担も大きくありません。
実際の手術法ですが、まず下腹部を1センチほど切開して特殊な管を挿入し、そこから皮下脂肪を吸引していきます。
脂肪を吸引したら、穴を縫合して終了です。
術後は、傷口や脂肪吸引部位に負担がかからないよう、しばらくは圧迫保護具を装着します。
もちろん日帰りで手術を受けることができますので、そのまま自宅に帰ることが可能です。
湯船につからなければシャワーを浴びることもOKとされています。
ただ、一週間以内に激しい運動や重労働は行わないようにしましょう。無理をすると傷の治りが遅くなるだけでなく、
脂肪を吸引した箇所の皮膚に負荷がかかり、ボコボコした状態になってしまうことがあります。
脂肪吸引式長茎法の費用は大体30万円前後です。
決して安いといえる金額ではなく、ペニス増大手術の中では高い方といえます。
あくまで肥満体質の方に限った術式になるので、肥満体質でない方は別のペニス増大手術を選択するといいでしょう。

ペニス増大と食生活

ペニスを増大させるためには食生活の見直しから考えることが大事です。
食生活の見直しにより、特に血行が促進されればペニス増大効果が見込まれます。
血行が促進されれば、勃起した際のペニスのサイズが大きくなると言われています。
血行促進だけではなく、血管を広げたり各種ホルモン分泌を促すことによってよりペニス増大効果が高まるでしょう。
では実際にはどのような食材を摂取していけばいいのでしょうか。以下に例を挙げていきましょう。
まずは、スイカやキュウリなどのウリ科の食べ物です。
ウリ科にはシトルリンという成分が含まれており、この成分は血行を促進し血管を拡張してくれる効果があります。
シトルリンはほとんどのペニス増大サプリに含まれており、効果が知られている成分です。
また、大豆製品も非常に効果的でしょう。
大豆製品には豊富に植物性タンパク質が含まれており、これがペニス増大に作用してくれます。
より効果的にペニスを増大させたいのであれば、動物性タンパク質と併用することによってよりスムーズにサイズアップできるでしょう。
その他、亜鉛やアミノ酸などもペニス増大に欠かせない栄養素です。
しかし食生活を見直すだけでは中々ペニス増大は実現しません。食生活を見直すことはもちろん大事ですが、
エクササイズやマッサージなども駆使し、睡眠を十分取ることも欠かせないようにしましょう。

ED治療でペニスは大きくなる?

ED治療で、ペニスも大きくなる、ということはあるのでしょうか。
結論からいえば、ED治療でペニスが大きくなるということはありません。
では、そもそもなぜこのような間違ったウワサが広まることになってしまったのでしょうか。
それは、ED治療にバイアグラやレビトラ、シアリスといった薬品が使用されているからでしょう。
これらを使用すると、薬効によって一時的にペニスが勃起しやすい状態になります。
こうなるといつもよりペニスがたくましく見え、増大したように感じるのです。
しかしこの薬効は一時的なものであり、意図的に勃起させているにすぎません。つまり継続的にペニスを成長させてくれるような
効果ではないのです。
薬を飲むのをやめた瞬間、いつものサイズい戻るか、勃起しづらい状態に戻ってしまうでしょう。
ペニス自体を根本から増大させたいのであれば、海綿体細胞を活性化させたり、海綿体に流し込む血液の量を増やすために
血行を促進させる必要があります。
そして、ED治療薬にはそのような効果はありません。
また、EDは身体的要因の他に精神的な要因もはらんでいる場合もあります。ED治療はこういった面からも症状を緩和させる
治療法となっているため、ペニス増大を目的としているものではないのです。
また副作用の心配もありますし、デリケートな治療となるので体質によってはそもそもED治療薬が使えない場合もあるでしょう。
以上のように、ED治療によってペニスが成長するなどということは基本的には期待してはいけません。